忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[09/11 三つ折財布 スーパーコピー]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
HOME[PR]未選択ルイ・ヴィトンのモノグラム

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


1896年、ジョルジュ・ヴィトンは、父親に敬意を表して、モノグラムを考案し、ブランドを代表するアイコンが誕生しました。
当時、モノグラムは画期的なデザインでした。一個人のイニシャルというユニークかつパーソナルなシグネチャーは、ジョルジュ・ヴィトンの手によって、瞬く間に現代らしさを象徴するユニバーサルなシンボルへと変貌したのです。これは、ラグジュアリーブランドとしての第一歩であり、グローバルカルチャーを定義するシグネチャーの誕生でもありました。
1965年、ガストン-ルイ・ヴィトンは、父親であるジョルジュがモノグラム・キャンバスのモチーフを創作した際のエピソードを次のように語っています。「何よりもまず、ブランドのイニシャルである『LV』は、誰が見ても完璧に判読することができる形で組み合わされています。次に、ひし形(ダイヤモンド)のシェイプに独特な印象を与えるために、四辺にくぼみを入れ、4枚の花弁をもったフラワーを真ん中に配しました。さらに、この同じフラワーの色を反転させたものを取り入れ、最後に、丸みのある4枚の花弁をもったフラワーを円の中に配し、モノグラムが完成したのです。」
モノグラムは、文字通りにも、比喩的にも、ルイ・ヴィトンを象徴するシグネチャーとして世界的に認知されています。どんなに長い時を経ても、モノグラムの中に込められた特徴や意味が変わることはありません。クラフツマンシップ、アート、デザインの境界線を越えて、ルイ・ヴィトンは、モノグラムの歴史において、イノベーション、コラボレーション、大胆な発想を受け入れてきました。
"こうした背景のもと、によるプロジェクト『Celebrating Monogram』が誕生しました。このプロジェクトは、他の製品とは異なる、モノグラムのパーソナルな側面を前面に表現しています。誰もがすでに知っているモノグラムを、独創的でこれまでにない手法で表現するという試みです。
第一線で活躍し、それぞれの分野を代表する6名のクリエイティヴィティにあふれるアイコノクラストたちが、ファッション、アート、アーキテクチャー、プロダクトデザインという4つの領域を超え、モノグラム・モチーフが描かれたキャンバスを素材として、自由なインスピレーションで様々なアイテムを生み出します。"
1996年には、モノグラム・キャンバス誕生100周年を記念して、アズディン・アライア、マノロ・ブラニク、ロメオ・ジリ、ヘルムート・ラング、 アイザック・ミズラヒ、シビラ、ヴィヴィアン・ウエストウッドの7名のデザイナーによるスペシャル・コレクションが発表されました。そして2014年、6 名のアーティストがさらに素晴らしいアイテムを展開します。クリスチャン・ルブタン、シンディ・シャーマン、フランク・ゲーリー、カール・ラガーフェル ド、マーク・ニューソン、川久保玲が、過激でユニーク、そして遊び心あふれる手法で、これまでにないコレクションを実現させました。さまざまな意 味で、モノグラムが原点に戻ってきたのです。ハンドメイドから始まり、個人とのパーソナルな関係を大切にし、大胆にジャンルの枠を超え、挑戦していく―― そして何よりも、ルイ・ヴィトンの未来へと続く旅と言えます。ユニバーサルであると同時にパーソナル。大切に築き上げられてきたメゾンの伝統とともに、私 たちの期待を裏切るコレクションなのです。
さまざまな意味で、モノグラムが原点に戻ってきたのです。ハンドメイドから始まり、個人とのパーソナルな関係を大切にし、大胆にジャンルの枠を超え、挑戦していく―― そして何よりも、ルイ・ヴィトンの未来へと続く旅と言えます。ユニバーサルであると同時にパーソナル。大切に築き上げられてきたメゾンの伝統とともに、私たちの期待を裏切るコレクションなのです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright (C) 2009 080renrenbou89 All right Resieved.
TEMPLATECusBlo MATERIAL1kb WEB SOZAI 忍者ブログ [PR]